Opus-i.plus

映画+音楽+FC2ブログテンプレート

オクトパス in N.Y.

深夜放送の途中から見ました。
退屈なシーンが続いた後、待望のタコ出現!と思いきや ... 。
船を襲うタコ足!(合成)
爆発する船!(模型)
満足そうに去っていくタコの人形(人形?)
時々、ハッとするほど綺麗なシーンがあるのに、特撮シーンになるとガクッとレベルが落ちてもったいない!今世紀の映画なのにどの場面で何の技術を使っているかバレバレなのはやっぱりちょっとマズイかも ... 。でもこういう映画も、みんなでツッコミながら見れるのでわりと好きです。

監督:ヨッシー・ウェイン
出演:マイケル・レイリー・バーク
メレデス・モートン
フレデリック・レーン
ジョン・サデウス












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓