Opus-i.plus

映画+音楽+FC2ブログテンプレート

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --. | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ライラの冒険 黄金の羅針盤

小説を先に読んでしまうか、それとも映画を先に観るか散々迷ったあげく、映画を先に観ることにした『ライラの冒険 黄金の羅針盤』。最初は先行上映の吹き替え版を観たのですが何だかしっくりこなかったので、結局あとから字幕版も観ることにしました。個人的にはやはり字幕で観ることをおすすめしたいです。撮影風景をチラッと見ましたが、主役のライラ役のダコタ・ブルー・リチャーズはよくあんな味気ないセットの中で演技ができるなぁとびっくりしました。いたずら好きで賢いライラのイメージにも彼女はすごく合っていると思います。
小説と同じく映画も三部作みたいですね。小説だと第三部はものすごく分厚いのでうまく映画におさまるかどうかちょっと不安です。物語が進むにつれて宗教色が濃くなっていくように感じました。映画の続編が公開されるまでとても待ちきれそうにないので、先に小説を読んでしまいたいと思います。

小学生の頃に原作を読んで以来大好きな小説でいた。
是非映画館で見てみようと意気込んでた映画なのですが、タイミングがあわず今までだらだらと・・・。
休み無理やりみつけて公開終了までに見てやるぞー;w;

小説は3部作あわせると枕ってレベルじゃねーぞ・・・。って厚さになりますょ笑
また読み直そうかな。

2008.05.08 Thu. URL | しょう #- [ 編集 ]

しょうさんも小説読まれた事があるんですね!
DVD出てからでもいいかなーと思ってたのですが、映画の予告を見て「これは映画館で観ないとダメだ!」と思いました。
でも小説→映画だとガッカリしそうだし、映画→小説だと読んでて全部俳優さんの顔&声で再生されてしまいそうだし、とっても悩みました。
たしかに小説は殿サマの枕以上にぶ厚いですね。一度読み始めたら徹夜してでも読破してしまうわたしには、うかつに手を出せないかなりの強敵です ...

2008.05.12 Mon. URL | Enif #TluyS4YI [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。