Opus-i.plus

映画+音楽+FC2ブログテンプレート

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --. | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

クローバーフィールド/HAKAISYA

テレビで観た予告編が面白そうだったので、昨日『クローバーフィールド/HAKAISYA』を観に行ってきました。
街中の狭くてちっこい映画館だったので最初は落ち着いて観られるかどうか心配でしたが、いざ映画が始まるとそんなことも気にならないくらい映像にのめりこんでしまいました。しかし想像していたより、はるかにグロいし気持ち悪いし悲惨すぎる ... ネタバレしてしまってはつまらないので詳しくは伏せますが、本当にショッキングな内容でした。スタッフロールのあとに数秒間流れる謎の音声も不気味で気になります。
それにしても映像の撮り方が本当にうまいと感心しました。インタビューによると、ほとんどは出演者や監督自らカメラを持って撮影を行っており、CGとの合成のために正確なカメラワークが必要なシーンのみ、プロのカメラマンさんが担当したそうです。そのためかとてもリアルな手ぶれやつなぎ方。それでいて良いカメラを使っているせいで映像はクリアで見やすいと思いました。心配していた映像酔いはありませんでした。
俳優さんたちが苦労した点は、あらかじめ逃げるルートがわかっているので、ついつい素直に逃げ道に向かってしまって何度も撮りなおしたこと、それから終始走って逃げ惑うシーンばかりだったのでとにかくへとへとに疲れたことだそうです。
エンディングのいかにもなBGMはやっぱり某映画へのオマージュなのでしょうか?映画化されるかどうかはわからないのですが、続編もあるようなので楽しみにしています。
ちなみにラストの遊園地でのデートシーンで、右上のほうに海へ落下する何かが映っているそうなのですが、残念ながらわたしは気づかず見逃してしまいました。これから観に行かれる方、DVDで鑑賞する方はぜひ注意して見てみてくださいね。











管理者にだけ表示

トラックバックURL↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。