Opus-i.plus

映画+音楽+FC2ブログテンプレート

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --. | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

パコと魔法の絵本

映画館にあった販促用の可愛いディスプレイを見かけたのがきっかけで、「パコと魔法の絵本」を観に行きました。「下妻物語」や「嫌われ松子の一生」を手がけた、中島哲也監督の作品です。
びっくりしたのは映画や本じゃ絶対に泣かない友達が泣いたこと。ただ人を泣かせようとする映画はあまり好きではないのですが、この「パコと魔法の絵本」は泣いた次の瞬間には爆笑してしまったりして、とにかくめまぐるしい、だけどとても楽しめる映画でした。
個人的には2008年に観た映画の中で1番よかったです。
スポンサーサイト

崖の上のポニョ

今回のジブリは小さなお子さん向けの映画だから、会社帰りに観られる時間帯には上映してないだろうな ... と思っていたら、会社近くの映画館で20時過ぎに上映しているところを発見!急遽「崖の上のポニョ」を観に行くことになりました。ストーリーがよくわからない、意味不明、等というイマイチな感想を散々聞いていたせいでかなり覚悟していたのですが、意外にもわかりやすいお話でした。ただ、唐突に難しい単語が出てくる場面や、少し説明不足かも ... と気になるところがありましたので、前評判どおり完全にお子様向けとは言えない気がしました。

百万円と苦虫女

映画の予告と、ポスターの可愛さに惹かれて観に行ったのですが、とっても良質な日本映画に出会う事ができました。原作となっている監督タナダユキさんの「百万円と苦虫女」は未読ですが、ストーリーも明快でわかりやすい展開だったので問題ありません。
主役の蒼井優さんのみずみずしい演技はもちろん、脇をかためる個性的な俳優陣もそれぞれ印象に残る場面ばかりでよかったと思います。脚本・演出の面白さと俳優さんたちの素晴らしい演技が申し分なく合わさった映画でした。

隠し砦の三悪人

海を舞台にした映画は大ヒットしない、というジンクスを見事にくつがえしたピクサーの映画です。この「ファインディング・ニモ」が上映された後わたしの周りではクマノミブームが起きて、たまたま食玩でついてきたクマノミのフィギュアを机に飾っていたら、めちゃくちゃ羨ましがられました。エイ先生のキャラクターと歌が個人的に大好きでした。出番は序盤だけだったので少し残念。同じく海を題材にした「崖の上のぽにょ」もヒットするかな?

隠し砦の三悪人

お目当ての映画の上映時間が中途半端だったので、代わりに観たのがこの『隠し砦の三悪人』でした。前半は雰囲気もテンポも良く惹き込まれましたが、ストーリーが進むにつれて中途半端な印象に ... それでも最後で盛り上がってくれればよかったのですが、なんだかモヤモヤしたまま終わってしまってちょっと残念。でも、原作の黒澤作品もぜひ観てみたい!と思わせてくれるだけのパワーはありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。